BLOGブログ
BLOG

四十肩五十肩といってもいろいろですね

2019/02/14
肩痛

皆さん、こんにちは!

 

 

江東区新大橋の天明堂はりきゅう治療院です😊

 

 

ちょっと久しぶりの書き込みになってしまいましたねcheeky

 

 

 

突然ですが、今度の日曜日、2月17日20:00~、

レインボータウンFM88.5MHzにゲストとして出ることになりました。番組名は

 

‟いいね情報局” です。

 

30分番組のようですね。御縁がありまして、呼んでいただけることになりました。皆さん、お時間ありましたらぜひチェックしてみてくださいねwink

 

 

さて、年末年始にかけて地域のフリーペーパー‟深川フリモ”に掲載させていただいましたテーマ、四十肩五十肩についてですが、

 

 

いろいろな方からのお問い合わせいただきまして、ありがとうございますlaugh

 

 

ほとんどの皆さんが記事の内容をよく読んではおらず、2~3回の治療でよくなります的な文言だけで飛びついてこられた感じでしたsad

 

 

でもやはり皆さん、それだけ普段から我慢してらっしゃるんですね。

 

 

肩は痛くても、膝や腰と違ってあまり動かさないようにしていれば何とか日常をやり過ごせますよね、ですから痛みを感じつつも治療に行くのをためらっていた方が多かったです。

 

 

そのおかげで、

 

‟はい、それじゃあね、まず動かせる範囲まで腕を挙げてみてください”

 

 

っていう感じで動かしていただくと、なんと、外側に45度もあがりません・・・・・・Σ(・□・;)

‟前ならえ” の位置もギリギリもっていけるかぐらいの状態の方もいました。

 

 

記事に掲載させていただいた‟薬指チェック”もしていないというので、あらためてやってみますとほとんど変化がありません。

 

 

肩関節周囲炎も慢性化してしまうと ‟フローズンショルダー”

その名の通り、関節が固まってしまい腕を動かす角度が大きく制限されてしまいます。

 

 

肩関節は人体のなかでも最も可動範囲の広い関節で、その分、筋肉や腱、軟骨組織などが複雑に絡み合った構造をしていますので、炎症がおきて長い間動かさないでいると組織が癒着してしまいますsurprise

 

 

こうなってしまうと、もう1回2回の施術で元通り‼なんて甘い期待はしないでください。

 

 

ただ、諦めないでほしいのです。

 

 

ちゃんと動くようになりますから・・・・・ねwink

 

 

鍼灸治療とは一言でいってもいろいろな手法があります。

肩の痛みは鍼灸では治らないなんて言ってるお医者さまがいらっしゃるみたいですが、勉強不足なんですねangry

 

 

もちろんですが、回復の段階をみてどんどん動かしてもらいますよ。

自宅でのリハビリも指導します。

 

お身体に冷えがある方は回復がやや遅れます。身体の冷えは関節の痛みだけでなく、全身に影響がでますから、そちらもケアさせていただきますよ。

 

 

 

もう何名か卒業されましたが、現在治療中の患者さま、回復してきてますので、いっしょにがんばりましょうlaugh