BLOGブログ
BLOG

身体が冷えるということ

2018/12/12
院内風景

皆さん、こんにちは!

 

 

江東区新大橋の天明堂はりきゅう治療院です😊

 

 

 

急に寒くなってきましたねsurpriseまだ身体が寒さに対応しきれてないと

余計に寒く感じます。

 

 

先日は地域のフリーペーパー"深川フリモ”に掲載中のミニ講座を

行いました、今月のテーマは‟温活しよう”でしたsmiley

 

おみえになった女性、普段から手足の冷えが気になっていて、最近はきちんとお風呂につかって汗をかくようにしているそうです。

 

 

とてもいい習慣ですねwink

とくに下半身をよく温め、足で温まった血液が巡ってきて首や肩、腕から汗がでてきたら身体全体が温まったサインですwink

 

ところで、なぜ身体が冷えたらいけないのでしょうか・・・・

寒いから?いえいえ、寒いと感じるのは身体が冷えてしまいますよぉっていうサインなんですよねwink

 

 

身体が冷えてしまうといろいろなことが反応として現れてきます。

たとえば筋肉、筋肉は使いすぎたり、冷えたりすると生理的に固くなります。それはコリにつながったり、神経痛につながったり、またスポーツなどでは怪我をしやすくなったりします。

 

ですが、筋肉は動かすことによって熱を作りだしてもくれます。

ですから、適度に運動することは実は冷え症対策にはもっとも効果的とも言われているんですよlaugh

 

 

身体を動かすことは仕事で使うことより、レクリエーションや趣味などで気持ちがリラックスした状態で行う方がよりよいとされています。

 

 

 

さて、腋窩の体温で36.3℃以下の方、身体が重くないですか?

もしかしたらもう、それが当たり前になってしまっていて気がつかないでいるのかもしれませんsad

 

 

 

私たちの身体の中で働いている酵素と呼ばれているタンパク質たち、

皆さん名前くらいは聞いたことがあると思います。

 

 

 

食べたものをお腹の中で分解して吸収しやすくしてくれたり、例えば体内に侵入した悪い菌を取り囲んで分解してくれたり、吸収した栄養を分解してエネルギーに変えてくれたり・・・・

 

 

体内のあらゆる部位でいろいろな働きをもった酵素が機能して私たちの身体を維持してくれています。

 

 

この酵素がいちばん働きやすい温度が37℃くらいなんですねwink

 

 

この温度より低くなっていくと段々と働きが鈍くなってしまい、身体が重だるくなったり、咳がでたり、いろいろなところで不具合が起きてきてしまうんですねsmiley

 

 

 

ですから、健康を維持していく上でも身体を冷やさない、適度に運動するということはとても大切なんですね。

 

 

 

先日おみえになった女性、そういえば喫煙の習慣がありました。

タバコを吸いますと、手足など、末端の血管が細くなり血流が悪くなります。温かい血液が巡ってこないイコール冷えを感じることになりますので、是非ともほどほどにしていただきたいと思います。

 

 

 

お大事にしてくださいdevil