BLOGブログ
BLOG

外反母趾を甘く見てはいけません

2018/08/26
外反母趾

皆さん、こんにちは!

 

江東区新大橋の天明堂はりきゅう治療院です😊

 

 

言いたくありませんが、毎日暑~いdevildevildevil

皆さんはどんな暑さ対策をしてますか?かき氷をネットで注文したら、最短で9月下旬に届くといわれた・・・・surprise

なんてお話を患者様から聞きました。

 

お腹の冷やしすぎには注意してくださいねangel

 

さて、先日おみえになった患者さま、右足に坐骨神経痛がでています。この方は数年前に腰椎椎間板ヘルニアからくる神経痛の治療をした方です。

 

いろんな検査をしてみますと、今回は骨盤の仙腸関節といわれる部分に問題があるためにでている神経痛だということがわかりました。

 

その他にも、風邪をひきやすい、寝つきがよくない、足が冷えるなどのコンディションを抱えています。

 

そういった体調や生活習慣を考慮した上で、なぜ仙腸関節に問題がでてしまうのか・・・・・ヘルニアとは違いますが、腰からくる神経痛を繰り返してしまうのか・・・・・と考えてみていますと、浮かび上がってきたのが、

 

゛外反母趾"です。

足

今回のタイトルのところの写真のように、足の親指が開き変形してしまっていると、上の写真のような土踏まずのきれいなカーブが保てず、潰れてしまいます。

 

足首も外側に捻りぎみの姿勢で立ち、歩行していることになりますねwink

歩行

上記のようにきれいには歩けません。足を着いたときにはもっと足首が外側に捻られた状態になってしまいます。

 

となると、足首から上、膝の関節のところまで、通常よりもやや外側に捻られた状態の、不自然な負荷がかかったまま立ち、歩行していることになります。

 

また、足裏のアーチが潰れている分、歩行時の衝撃をうまく分散できず、それが上位の関節、筋肉に負担をかけます。

歩行時に疲れやすいのはそのせいですsurprise

 

 

このまま年齢を重ねていくと、将来的には腰の骨の圧迫骨折、というリスクも伴います。いわゆる"いつのまにか骨折” というやつですね、なにもしていないのに急に腰に激痛がはしり、病院で検査してもらうと、

"腰の骨が潰れています。手術しましょう。”

 

なんてことになり兼ねないわけです。

 

 

この方は神経痛もろもろの施術も当然ながら、自宅でできる足の矯正の仕方を指導しました。

 

 

市販の伸縮包帯ではなく、弾力包帯と呼ばれているものを使用した方法です。

即効的に治るものではありませんが、効果はでているものですし、将来的にみても、ぜひ続けてほしい方法です。

 

気になる方は、当院までお問い合わせくださいsmiley