BLOGブログ
BLOG

スポーツによる怪我なんですが・・・

2018/08/02
テニス

皆さん、こんにちはlaugh

 

江東区新大橋の天明堂はりきゅう治療院です

 

言いたくないんですが、暑いですねdevil

 

台風がひと段落したと思ったら、再び酷暑がやってきました。

 

東京は湿度も高いですから、くれぐれも皆さん、ご自愛くださいませangel

 

 

さて、先日お見えになりました患者様で、以前に経験した怪我や病気を記載してもらう欄をみて少し驚いてしまいました。

 

 

その方はアマチュアでずっとテニスをやってこられたそうですが、ここ十年くらいで、怪我が多いのです。

しかも違う部位で手術も三回ほどしていましたsurprise

 

 

スポーツも一生懸命やれば多少の怪我はつきものと考えますが、

膝の半月板、足関節の靱帯、右肘の靱帯断裂・・・・・・

言い方が変ですが、テニスってそこまで激しいスポーツでしたっけ???

 

 

ちなみにスポーツ安全協会がだした統計によりますと、

怪我の多いスポーツランキング上位には

1位 アメリカンフットボール

2位 ラグビー

3位 バレーボール

4位 体操

5位 柔道

・・・・・・ちなみにテニスは10位でした。

 

やはりボディーコンタクトがあったり、ジャンプや回転といった強い外力の加わる競技には怪我は多いのでしょうね。surprise

 

私も今までにはテニス肘や、足のコンパートメント症候群などに対しての施術を経験しています。

が、アマチュアでオペが必要になるような怪我を数回している人は初めてでした。

 

 

この方、肝臓が弱っています。

 

 

 

怪我が多くなりはじめる少し前から、ずっと睡眠導入剤を服用し続けていますし、腹診をしますと明らかに肝臓のエリアに筋性防御がみられました。

 

お酒はまったく飲まれないみたいですが、もともと体質的に弱い上に薬の解毒作用のために酷使しているのか・・・・・推測でしかありませんが、ここをケアしておかないとまた、いつかどこか大怪我すると思いますね。

 

 

東洋医学では、肝臓の肝は全身の筋、腱、軟骨組織といった部位について関与していると言われています。

 

 

以前にダンススクールに通う20代の女性にも同じようなパターンの方がいました。異常に怪我が多いのです。

鍼灸により肝を補う施術をしました。

 

 

今回のテニスの男性は、頸のコリをほぐすのが目的でしたので、肝のことについては生活指導をして様子をみることになりました。

 

 

 

皆さんの周りにもちょっとしたことで大怪我したり、いつもどこかひねっちゃったりしている人、いませんか?

 

 

まあ、稀なことだと思いますけどね、surpriseおそらく整形外科の先生や、整骨院の先生では怪我をした部位しか診ていないと思います。

 

 

 

それは仕方のないことかもしれませんが、つらい思いをするのは患者様です、予防策として体質改善してほしいものです。