BLOGブログ
BLOG

熱中症にご用心

2018/07/10
ひまわり

皆さん、こんにちは!

 

 

江東区新大橋の天明堂はりきゅう治療院ですlaugh

 

 

 

西日本を未曾有の大雨が降り甚大な被害がでました。

亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げますとともに、

被災された方々に一日も早く平穏な日々が戻りますように

重ねてお祈り申し上げます。

 

 

雨はあがったようですが、連日の猛暑がやってきました。

関東エリアの気象庁の一ヶ月予報では例年よりも暑く、日照時間も

長いとのことです。

 

 

今朝も通勤時間から既に蒸し暑かったですねcrying

工事現場での交通整理をしていた男性がヘルメットも帽子も被らず

汗を流してお仕事されてました。

 

 

そんな様子を見て、思わず口にしてしまうのは

 

‷ 熱中症に気をつけましょう‼ ‴

 

 

ということですね。

毎年耳にすることですが、今一度、症状の確認をしていきましょう。

 

 1.めまいや立ちくらみ、顔のほてり、腹痛になることも・・・・

 2.筋肉痛や筋肉のけいれん、こむら返り・・・・

 3.体がだるい、力が入らない、吐き気、頭痛

 4.汗のかきかたがおかしい

 5.体に触ると熱い、皮膚が赤く乾いている

 6.呼びかけに反応しない、おかしな返答をする、まっすぐ歩けない

 7.自分で水分補給ができない

 

特に自律神経が未発達な子供や、暑さに鈍感になってしまっている高齢者には周囲の人が気にかけてあげなければいけませんね。

 

日陰の風が通るところで横になって、首や脇、手首足首など血管が

体表に近いところを冷やしましょう!

 

自分で水分補給できないまでに昏睡している方には無理に口から飲ませないで、身体を冷やし、早くお医者様に処置してもらいましょう!

 

 

 

屋内にいるからと言って安心してはいけませんよ、私も経験がありますが、汗がボタボタと流れだして止まらなくなり、次第に頭痛がしてきたことがあります。

 

 

これはマズイなと思い、急いで水分をとり、脇の下を冷やしました。

 

 

冷静に判断できるうちに早めに対応すべきですねsurprise

 

 

今年の夏は長くなりそうです

皆さんぜひ、ご自身だけではなく、身の回りの方にも気を配ってあげましょうwink