BLOGブログ
BLOG

スマホ首 その2

2018/05/27
フリーペーパー

皆さん、こんにちは!

 

江東区新大橋の天明堂はりきゅう治療院ですsmiley

 

 

今月も深川エリアで配布されているフリーペーパー

 

"深川フリモ”

 

はりきって掲載されています!!

 

 

ちょっとした特典も掲載されていますので、お近くの方、

ぜひお手にとってご覧くださいlaugh

 

 

 

さて、前回とりあげましたテーマ "スマホ首” ですが、

 

よくよく調べてみますと、いわゆる "ストレートネック”

ではなくてもスマホ首はある!という記事を見つけました。

 

スマホ首

欧米では、カイロプラクターからの発信で "テキストネック” と言われ "ストレートネック” という言葉よりも浸透しているそうですが、日本のドクターはあまり使わないようです。

 

肩こり・首の痛み

椎間板症(椎間板性疼痛)、頚椎症、手のしびれ

慢性頭痛

めまい、吐き気

自律神経失調症

うつ、やる気が出ない、冷え性、疲れやすい

胸焼け、逆流性食道炎

 

などの症状がでて、原因がスマートフォンやタブレットを使用している姿勢が悪かったから・・・・・と特定できれば・・・・っということですかね。

 

いずれにしてもやはり、うつむきながらの姿勢が長時間続き、頭部を支える筋肉の筋緊張がかなり強いという状況は同じです。

 

 

 

ストレートネックはその時の状況の一つに過ぎず、それ自体はスマートフォンなどの使用がなくても起こりうる・・・・・といった違いですかねsurprise

 

例えば、ネイリストさんなんてどうでしょうかね、一日中、下を向いてお仕事されていますから・・・・

 

 

 

 

どっちでもいいから早く楽にしてほしいって言われてしまいそうですangry

 

 

まあ、テニスはしてなければ 〝テニス肘” とは言わないっといったところでしょうか・・・・・( ´∀` )

 

 

 

私なら頚椎の並びに問題ないとすればまず、眼精疲労をとることから考えると思います。

 

 

以前のブログにも書きましたが、目の疲れ、侮れませんよ!!

 

 

当院は問診にも時間をかけ、生活習慣、仕事内容などからもお身体の状態を判断する材料としています。

 

そうすることで、より早く回復するように、再発しないように、ご自宅でなにかできることはないだろうか、と考えるわけですね。

 

本気で治したいと思っている方は、氣が違いますからね。

 

それでは また✋