BLOGブログ
BLOG

肩こりto血圧

2018/05/14
はり治療

皆さん、こんにちは!

 

江東区新大橋の天明堂はりきゅう治療院です。

 

今日の東京は昨日の☔はすっかりあがり陽の光が気持ちいい‼

 

自律神経にもとてもよさそうですlaughwink

 

 

 

さて、今日のテーマはまた肩こりについて触れたいと思いますが、

今回は血圧との関連性についてお話していきます。

血圧計 

 

たまに患者さまで

 "肩がこるのは血圧が高いのもよくないのでしょうか?”

とおっしゃられる方がいます。

 

 

これまでに肩こりについていくつか触れてきましたので、原因も様々、血圧が上がるのもきっかけは様々です。

 

 

 

それではまず、血圧が高いと肩は凝るのか・・・・から考えてみましょう。

 

ご存知の方も多いとは思いますが、血圧は健康な方でも一日の中で変動していきます。surprise

 

例えば、眠っている間、副交感神経が優位になって手足抹消の血管は開き、血圧も心拍数の穏やかです。

 

そしてお目覚めの時間になってくると、今度は交感神経が活動を強めてきます。抹消の血管は閉まってきてその分、脳に血液がたくさん流れ、意識が覚醒してきます。

 

そうです。朝は誰でも血圧はあがるのです。たまに低血圧の方で寝起きがスッキリしないのは、この生理現象が正常に機能していないんですね。sad

 

また、血圧は心の状態でも変動しますよね。

病院で血圧測定していると、数値が気になってついドキドキしてしまうなんてことがよくあります。

 

このように、もともとの血圧が高めの方でもそれなりに一日変動していく中で、これに直接肩こりと関連するならば、この変動に合わせてコリの症状も増悪したり緩和したりするのではないでしょうか・・・・

 

 

 

 

あんまりそんな話は聞きませんね・・・・・

どうやら高血圧が直接的に肩こりに関連しているわけではないようです。

 

肩こり

 

 

では、今度は逆に、肩こりは血圧をあげるきっかけになるのでしょうか?

 

肩がこる原因についてはこれまでもいくつか触れて参りましたが、理由はともかく肩背部、肩上部、後頸部を構成している筋肉が緩むことなく固まったままの状態になっています。

 

 

 

筋肉はどこの部位も例外なく、冷えや疲労などで固まりますと血管が圧迫されて血液の流れが悪くなります。

 

 

 

当然、頸部から脳に向けて流れる血流も悪くなります。それによって頭痛やめまいがしたり、胃腸に影響が出たり・・・・脳にもっと血液を!!crying

 

っということで交感神経が働いて心臓をもっと働かせます。もっと圧力をあげて脳に血液を送ろうとするのです。

 

 

 

 

結果、身体全体の血圧はあがることになりますね。肩頚の筋肉の緊張をとることは、心臓の負担も軽くすることにつながります。

 

 

 

日々のお手当は忘れずに、当院では生活習慣を考慮した上で、自身でできるケアを指導しています。

 

 

 

お大事にしてくださいsmiley